👌中国 コロナ 責任 とれ。 コロナ後の米中 :米国 死者12万人で内戦状態 中国・習体制は内部崩壊も=神崎修一/加藤結花

中国、コロナ大恐慌で世界から排除…追い詰められた習近平が他国に戦争を仕掛ける可能性も

🚀 つまり、新型コロナという未知のウィルスがこの世に登場してから、1年半近い時間が経っていることだ。 トランプ大統領は前日、米国の年基金に「中国企業に対する投資計画を中断するように」と指示した。

武漢を蔑む日本人は「中国人の本質」を知らない

😂 トランプ大統領も10人以上の集会禁止、バーやレストランでの飲食自粛、自宅学習を促す 3月26日、テドロス事務局長「われわれをバラバラに引き裂くウイルスとの戦争を戦っている」 4月7日、トランプ大統領が「中国中心だ」とWHOを批判 (おわり). メルケルは、側近が感染したため自主的に2週間の隔離状態にあった。 ・中国は感染初期、情報の隠蔽(いんぺい)を図ったのか? ・日本では医療従事者が差別的に扱われることもあるが、中国ではどうか。

17

中国はコロナウイルスをどう責任とるのでしょいか?

🖕 ・新たな感染者の確認が減らない中でのアメリカの経済活動再開。 以上、ざっと挙げただけでも、現在、中国では新型コロナウイルス以外にも、さまざまな感染症が報告されているが、歴史的に見ても、中国の内陸部では「風土病」と呼ばれる感染症のオンパレードだ。 閻氏はすでに香港大学を離籍している。

20

コロナだけじゃない、中国で次々に発生する感染症に世界は耐えられるか

😛 他方で、「戦狼 せんろう 外交」と呼ばれる強権的な習近平体制に対しても、コロナを機に各国から非難する声が相次いでいる。 で、その記憶をもとにこの本を読むと、まず感じるのは、起きていることは一緒だった、ということです。

3

武漢から蔓延した新型コロナ、変異種の猛威! 中国の責任はどうなるのか! (2021年4月21日)

👐 さらに、「ネットで差別的な書き込みを見た」ことが「よくある」「たまにある」と答えた外国人は41. 本当はマイナス30%以下だろう。

19

武漢から蔓延した新型コロナ、変異種の猛威! 中国の責任はどうなるのか! (2021年4月21日)

🖖 欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会は2月、中国に56トン以上の防護服やマスクを送りました。

米「中国を罰する方法検討」 世界的感染拡大、責任追及明確に

🙃 軍関連の施設でウイルスが見つかったという点について、中川さんは「中国の研究事情には詳しくはないが、こうした施設でウイルス研究が行われるのは不自然なことではない。 元々発生しなかったら、封鎖ということも必要なかった。 「この法律ができてから、デモや集会など過激なものの動員数は減りました」と明戸さん。

7

武漢から蔓延した新型コロナ、変異種の猛威! 中国の責任はどうなるのか! (2021年4月21日)

⚒ 武漢にはウイルス研究所が2つあり、そこからウイルスが流出した可能性も噂されています。 しかも彼らの座席は例年同様に密集しており、中国政府が国民に求めるソーシャル・ディスタンス(社会的距離)の確保ができているとは思えない。

6