細君 意味。 「妻・嫁・奥さん・家内・女房・かみさん・細君」の違い

「細君」とはどういう意味?また何と読む?正解は「さいくん」と読むとの事。│YAOYOLOG

✋ 主として自分の配偶者をいうが、他の人の配偶者についていうこともある。 漢は同盟の証しに、王家につながる女性たちを嫁がせたが、その中に、後に烏孫公主と称される薄幸の女性がいた。

20

【「妻、家内、女房、細君 」はどう違うのですか?】 は 日本語 で何と言いますか?

🤗 烏孫公主 劉細君 漢詩と中国文化 ||||||| || 烏孫公主 劉細君 武帝の時代の漢は、絶えず匈奴と緊張状態にあった。

4

「細君」とはどういう意味?また何と読む?正解は「さいくん」と読むとの事。│YAOYOLOG

🙂 亭主……その家の主(あるじ)、夫、茶の湯で茶事を主催する人 辞書の通りに解釈すれば、「主人」よりも「旦那」のほうが丁寧な呼び方であることがわかります。 そういえば、「拘(こだわ)り」という言葉は現在は良い意味で用いられることが多いですが、以前は反対の意味だったといいますし、その昔「奥様」という言い方には「夫=表、妻=裏」という男女差別・女性蔑視にあたるとして抗議された例もあるほどです。

6

烏孫公主 劉細君

👐 3 「女房」は、一般的な語。 ちなみに、婚姻制度が生まれる以前から、生活を共にする女性は「妻」と呼んでおり、古くからある言葉だが、明治以前は「妻」を「さい」と呼ぶ方が多く、「つま」という呼び方は比較的新しい。 悲愁歌 吾家嫁我兮天一方 吾が家我を嫁す 天の一方 遠託異國兮烏孫王 遠く異國に託す 烏孫王 穹盧爲室兮氈爲牆 穹盧を室と爲し 氈を牆と爲し 以肉爲食兮酪爲漿 肉を以て食と爲し 酪を漿と爲す 居常土思兮心内傷 居常土思して 心内に傷む 願爲黄鵠兮歸故鄕 願はくは黄鵠と爲りて 故鄕に歸らん 漢の家は私を天蓋の果てに嫁したので、今はこうして異国にあって烏孫王に身を託しています、 この地はテントを部屋とし、毛布を壁として、肉を食べ、獣の乳を醤油の代わりにしています 明け暮れこの地にあって、故郷を思い心の痛まぬ日はありません、願わくは黄鵠となって故郷に飛んで帰りたい。

12

細君(さいくん)の類語・言い換え

☮ 妻に対する尊敬語がなかったため、「奥さん」や「奥様」を使うことは正しいといわれることもあるが、自分の妻のことを他人にいう際、敬称を用いることはない。 「妻・嫁・奥さん・家内・女房・かみさん・細君」の違い 「妻・嫁・奥さん・家内・女房・かみさん・細君」の違い 結婚している夫婦の女性側を表現する言葉として、「妻・嫁・奥さん・家内・女房・かみさん・細君」がありますが、それぞれの意味をきちんと理解して使っているでしょうか?結婚している相手の女性を呼ぶ時には、状況・場面・相手に応じて、「妻・嫁・奥さん・家内・女房・かみさん・細君の呼び方」を使い分ける必要があります。

1

「細君」とはどういう意味?また何と読む?正解は「さいくん」と読むとの事。│YAOYOLOG

👋 そんな薄幸の烏孫公主がわが身を悲しんで歌った歌が残されている。

7

「妻」「嫁」「奥さん」「女房」「家内」「かみさん」

☺ スポンサーリンク 「奥さん」とは? 「奥さん(おくさん)」とは、「他人の妻」を呼ぶ時に使われるややくだけた敬語です。 地域性や芸風もあるので一概にいえませんが、例えば「奥さん」というのは相手の妻をいう言葉ですから、「おたくの奥さんは……」は正しくとも「うちの奥さんは……」と使うのは間違いということに。 家内には「家の中にいる人」の意味があるため、男性は家の外で働き、女性は専業主婦が当たり前の時代には使えたが、現代ではあまり適さない。

18

妻の呼び方…家内、かみさん、嫁さん、嫁、奥さん正しいのは? [男の子育て] All About

☎ 奥さんは、他人の妻に対して敬っていう「奥様」のくだけた言い方で、軽い敬意含む呼称。

8